スポンサーサイト

  • 2016.04.11 Monday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    春近し! クックハーブの家!

    • 2015.02.26 Thursday
    • 06:23

            老子さまのおことば
    人を慈しみ 自分はつつましく 人を出し抜かない 誰よりも先に出れば終り


    春近し!
    という気分です。

    ここ数日太陽の輝きを楽しませていただいています。
    雪も日ごと、日ごとに少なくなっていき、ほとんどない家もあります。


    毎年巡り来る季節ですが、感じる私は毎年変わってきています。
    今は今のこととして、嬉しく、楽しく、太陽の偉大なる輝きと愛を感じているのです。


    クックハーブの家!

    「クックハーブの家がある」という強い要望は、熱い思いでクックハーブを立ち上げた6年前から3年ぐらいでした。
    その後の3年間は、「クックハーブ」に対する私の思いは周囲の状況に合わせて変化し低下していきました。
    「クックハーブの家がある」という項目も、毎年更新している新年のほしい物リストから外していました。


    ところが、創業時に熱い思いでリクエストした、「クックハーブの家」が潜在意識の中にしっかりと記憶されていたようです。「クックハーブの家」が実現してしまいました。


    ま、「クックハーブの家」と呼ぶこともできますが、それだけの目的ではないわけで、いろいろな要素が組み合わさっての「クックハーブの家」ということでもありますが。とりあえず「家」は用意されたわけです。


    良さんの家、寧々さんの家と長く付き合ってきました。
    良さんの家も寧々さんの家も主が去って逝き、私の役目も終りになっています。


    田舎の家との付き合いは楽しかったのです。
    田舎の家とサヨナラをしたくなかったということもあります。
    あとは…、亡くなった寧々さんや、寧々さんの家の御先祖さまのことなどもあって、田舎の家になったわけであります。
    ま、ドントコイも田舎の家を楽しみ、協力してくれるということでしたからね。


    今度の家はユリさんの家です。
    不思議ですね。

    良さん、寧々さんと同じような年代で、ご主人を亡くされてから8年ほど、お一人で暮らしていようです。かなりの古い家系のようですが、後を継ぐ方はおられなかったのですね。
    そのユリさんも2年程前に亡くなっています。


    良さんの家ともほどほどに近くて、ユリさんの家の前も田んぼです。畑も耕せそうです。

    「ユリさんの家」取得は昨年の12月でした。
    春になるのを待っていました。

    春近し!ではありますが、まだ春とはいえません。
    あとひと月ぐらいたったら、ユリさんの家の畑、耕したいと思っていますよ。



    次回は、
    今回実現した「クックハーブの家」とからんだ潜在意識についてのすごさについて書いてみますね。



    今日も笑顔のクックハーブで〜す。
    みなさまがしあわせでありますように!

    野草研究所 天然野草茶の店クックハーブ
    代表   藤原 美子
    Tel&Fax 019-663-0358
    URL http://cookherb.com/
    Mail info@cookherb.com
















    お茶作りしました。

    • 2015.02.17 Tuesday
    • 09:05

                 老子さまのお言葉
           弱く 優しく生きていく 強さ



    この時期は、一年間分のお茶作りをしています。

    お茶の葉っぱを軽く炒ったり、玄米を炒ったりしています。
    今の時期は火のそばでの仕事にピッタリです。寒さよけにもなります。


    昨日はいっつも(ittsumo)を作りました。
    それぞれの葉っぱの特徴を思い浮かべながら葉っぱを炒りました。


    ドグダミは身体を冷やすんですね。
    利尿作用は抜群のようです。
    陰陽でいえば陰の葉っぱのようです。
    ドグダミのような陰の葉っぱはお肉大好きの方には身体の浄化をしてくれるようです。



    すぎなも陰の葉っぱのようです。
    すぎなは、地中への根の長さから、微量栄養素であるミネラルがとっても豊富な葉っぱなようです。




    柿葉はビタミンC抜群の葉っぱです。
    ビタミンCに関しては王様級です。
    柿葉は単独で長く飲用しても安心な葉っぱなようです。



    シソは陽の葉っぱのようです。
    清涼剤となり神経作用を安定させるようです。



    ヨモギもなかなかの葉っぱです。
    ヨモギは陽の葉っぱのように思います。
    ヨモギはありとあらゆる効能を持っています。
    血の浄化をしてくれて、血管を強くしてくれます。
    とても頼れる葉っぱで強い葉っぱです。

    わたくしのお茶、クックハーブのお茶には大きく成長した葉っぱを使っています。大きく成長した葉っぱは若葉とは違って、すべてが強力な葉っぱになっています。ですから使う量も僅かです。それでもしっかりとした作用をします。

    ヨモギも単独で利用してもOKな葉っぱだと思っています。

    今度ヨモギだけのお茶を作ろうと思っています。
    ヨモギの良さを生かしていきたいです。


    ヤーコン葉,
    ご存知のように糖尿病に効き目がありということで広く知られています。
    ヤーコンの「あく」の強さだと思います。ヤーコン葉の匂いがしばらく続きます。

    それが1〜2年ぐらい経てば匂いが消えます。
    それぐらいの期間でヤーコンの葉っぱ自身が「あく抜き」をしているんだと思っています。
    数年後の匂いが消えた「健」のほうが味に安定性ができ飲みやすくなっています。
    不思議です。


    お茶を作り始めるまでは、作業に入るまでは、かなり躊躇しています。
    お買い物に行こう! お掃除をしよう!、お料理をしよう!畑に行こう!というふうには行かないんですよね。

    「さあ〜、作るぞ!」、という気合が必要です。段取りも必要です。
    気合が入って、作業に入るとこんどは夢中になっています。
    一心に作っています。
    昨日はお天気も素晴らしく良くて、充実した一日でしたよ。感謝の一日でした。





    今日も笑顔のクックハーブで〜す。
    みなさまがしあわせでありますように!

    野草研究所 天然野草茶の店クックハーブ
    代表   藤原 美子
    Tel&Fax 019-663-0358
    URL http://cookherb.com/
    Mail info@cookherb.com





    自力のお人

    • 2015.02.07 Saturday
    • 07:29

                 老子さまのお言葉
          私が私を外して永遠の天地の中


    自力のお人


    とっても,久しぶりで小林秀雄氏の名前でしたよ。
     

    彼とは30年近くも真剣に付き合っていたのですよ。
    歯の立たないお人であったがゆえに28年の歳月が経っていました。


    出会いも鮮明に覚えていますよ。
    わたくし17歳の時でした。


    始めて歯医者に行きました。虫歯でした。
    昔のお医者さまは、予約制なんて無くて、お医者さまの数も少なくて、早朝から10数人とかの人が狭い待合室で待っていました。時間がたつにつれて数は増えるばかりでした。


    ま、私の場合は本があれば何時間でも待っていられましたがね。

    そういうことで、歯医者の待合室の本を手当たり次第に読んでいました。


    週刊誌を読んでいました。
    週刊誌のページの見開きのところに、著名人の格言みたいな言葉が内容とは全然別に縦に書かれてあったんですよね。


    小林秀雄氏の言葉として、
    「私は誰からも殺されない、誰も殺さない」という言葉に出会いました。


    そのお言葉に、17歳のわたくしは震えがきてしまったのです。
    その日から小林秀雄氏はわたくしの師となり45歳までの30年近くの付き合いになったのです。


    何度も読み返していました。28年間キッチリと付き合いました。
    それで何が分かったかというと、ハッキリと言葉で言うことができません。


    小林秀雄氏の文、言葉には血がたぎっていたのです。
    小林氏の文に小林氏の全てをかけた熱く激しい血潮を感じ、読んでいたのです。


    それが、
    わたくし45歳の時にキッパリと読むのを辞めてしまいました。
    それは突然でした。



    わたくしの中の何かが変化をしたのでしょう。
    すっかりと小林秀雄氏を避けてしまいました。


    ご本の良さです。
    知り合うのも突然、別れるのも突然です。
    相手はいるのですが、わたくし一人の問題として片がつきました。


    それから10年ほどは小林秀雄氏を避けていました。
    彼の名前を見ても聞いても知らんふりをしていたのです。
    わたくしにもなぜ彼と離れたのかが分からなかったからです。


    10数年経って分かったのです。
    なぜ彼、小林秀雄氏と離れたのか…。


    小林秀雄氏は自力のお方だったのです。
    才能が豊かで自力で人生を切り開いて渡り、華を咲かせていけるお方だったのです。


    小林秀雄氏のお仲間もそういう方々だったと思います。
    菊池寛、正宗白鳥、白州正子、白州次郎、、今日出海氏等の方々のお名前が浮かびます。
    菊池寛氏、正宗白鳥氏はとても懐かしく思い出されます。楽しくお付き合いをさせて頂きました。


    わたくしはわたくしの力の限界を感じたのでしょう。
    自力ではとうてい今世を渡れないことを感じたのでしょう。


    それからですね。
    今まで素どうりをせざるを得なかった宗教のご本に関心をよせるようになったのです。


    これも不思議です。
    今朝「無期懲役囚美達大和のブックレビュー」を読んでいたら、彼、小林秀雄氏のご本である、
    「学生との対話」のレビューが載っていました。


    懐かし思いでレビューを読ませていただきました。
    当時を懐かしんで小林秀雄氏のことをブログに書くことになったわけです。



    無期懲役囚として獄での生活をしている美達大和さん、このお方もとても特異なお方です。
    彼のレビュウーは欠かさず読んでいます。面白いです。
    興味のある方は検索してみてくださいね。



    今日も笑顔のクックハーブで〜す。
    みなさまがしあわせでありますように!

    野草研究所 天然野草茶の店クックハーブ
    代表   藤原 美子
    Tel&Fax 019-663-0358
    URL http://cookherb.com/
    Mail info@cookherb.com




    冬です。炬燵です。ご本です。

    • 2015.01.22 Thursday
    • 12:28

       老子さまのお言葉
       はじめ恨んでいた仲直り 恨みの余りが続く
       天は相手を責めない側につく



    図書館を2つ掛け持ちしてご本を借りまくって炬燵でご本です。

    文庫本は読みません。
    文字が細かくて、読む気がしないのです。
    眼鏡はかけません。
    裸眼で読みます。

    読み始めは少々見えにくくても、読んでいるうちに見えてくるようになるものです。
    夢中になると文字の大小はほとんど気にならなくなります。
    不思議です。


    とは言うものの、
    やはり、読みやすい文字にはあこがれます。

    たまたま子供のご本のコーナーに立ち寄りました。
    子供のご本はいいですね。

    文字は超大きい、要点だけまとめた簡潔なご本になっています。
    さっそく4,5冊借りてきました。

    4,5冊イッキ読みです。


    明治の伝記もののあたりからご本を借りてきました。
    明治天皇物語、西郷隆盛物語、吉田松陰物語、高杉晋作物語、地名のひみつです。
    物語の方は全員がその時代をリンクされていますが、著者は別々の方々です。
    「地名のひみつ」は物語とは全く関係がありません。


    イッキ読みのせいか、
    4,5冊のご本の内容が一緒くたになってしまいました。


    著者の違いが分からなくなったのです。ご本の特徴が分からなくなったのです。
    これではご本を書かれた方々は残念に思うでしょう。という読み方をしてしまいました。


    読み終わったわたくしも、走りすぎたように疲れてしまいました。
    反省です。


    「地名のひみつ」のご本から一つだけ引用です。
    ニューヨークの「ウォール街」という言葉の由来です。
    17世紀、おそってくるてきや無法者をふせぐため、かんじょうなかべ(ウォール)が つくられていたからなそうです。
    そうか! 世界一の金融の街は、かべの街ってことか!と納得した次第です。
    (わたくしは、ウォールの意味を理解していませんでしたよ、とほほです)



    新年の目標の一つの「誉めまくります」です。

    今のところまだ忘れていません。
    忘れてはいないのですが誉める人の数が少ないのです。

    なにしろ、炬燵でご本です。
    人と付き合う機会が少ないのです。

    やはり誉めるのはドントコイしかいないようです。


    誉めています。
    ご飯を残さず食べました、偉いね〜、すごいね〜、エクセレント、スーパー、ファンタスッテック、です。
    朝、定時に起きたました、上記に同じです。
    笑っちゃいますが実行しています。

    誉められたほうのドントコイなんですが、いかにも…(わざとらしい…)なのですが、
    「わざとらしい〜」とはいうものの、それほど嫌がっていないということに気が付きました。


    人は誉められたがっているのかもしれません。
    年齢に関係なく何歳になってもです。




    今日も笑顔のクックハーブで〜す。
    みなさまがしあわせでありますように!

    野草研究所 天然野草茶の店クックハーブ
    代表   藤原 美子
    Tel&Fax 019-663-0358
    URL http://cookherb.com/
    Mail info@cookherb.com



    新年です。誉めまくる年です。

    • 2015.01.08 Thursday
    • 12:44

    2015年、新年の年になりました。
    本年もよろしくお願い致します。

    家族とのにぎやかな元旦、初詣、昨日は七草とお正月の行事も一通り過ぎました。
    今年はどんな年…かな…、どんな年でも楽しむ覚悟しています。


    私の一番の興味は自身の成長かな。魂の成長というか本心の成長、愛ある人になる成長です。
    挑戦し続けて半歩でも百歩でも進んでいきます。


    興味と目標が一致したことだけでも、私にとっては素晴らしい飛躍だと思っています。
    ハッキリとした指針があることは生きる上でとても生きやすいです。


    新年にいつもすることなんですが、日記に今年一年のほしい物リストを書くことです。
    7,8年前から続いています。本かなんかを読んで参考にしたことでした。

    最初は,ほしい物が一杯あるはずなんですが、いざ書くとなったらあんまり無くて、10個ぐらいがやっとでした。
    年々ほしい物リストの数が増えていきます。
    ことしのほしい物リストは66個です。
    ほしい物リストのコツはあんまり考え過ぎないでサッサと書くことです。
    前に書いたほしい物リストを眺めると、結構願いが叶っているなって思います。


    みなさんも実行してみてはいかがですか!

    あの人羨ましいな〜と思ったら、その人の持っているものを、自分も持っていると思ってほしい物リストに載せればいいだけです。

    ということで、もう一つ、ほしい物リストのコツは、
    もうすでに持っているという断定で書くことです。
    例えば「ニュウヨークに豪邸がある」、『貯金が100億ある」というふうにです。


    おかしいですね!
    いざ書くとなったら案外現実的なことを書くことが多いんですよ。
    上記の例はいままで書いたことがないんです。



    さてさて、クックハーブの今年です。

    原点に戻って野草の性質を再確認の年とします。
    ショップ運営はネットのホームページと、ちいさな野菜畑、友人、知人関係かな。
    クックハーブ商品の完成度を上げていきます。
    私の得意の分野を伸ばしていきます。



    さらに、更に、
    具体的な今年の目標です。 

    「声を上げて笑っている」です。
    「人を誉めまくる」です。
    一番近くにいるのがドントコイです。ドントコイを誉めまくりましょう。


    本年も皆様方の幸せを心よりお祈りいたします。




    今日も笑顔のクックハーブで〜す。
    みなさまがしあわせでありますように!

    野草研究所 天然野草茶の店クックハーブ
    代表   藤原 美子
    Tel&Fax 019-663-0358
    URL http://cookherb.com/
    Mail info@cookherb.com


     

    えっ、もう、12月 …が… !

    • 2014.12.21 Sunday
    • 13:06

     庭の賑わいも家の賑わいも終了!
    少し寂しいです。


    12月に入ったらすぐに雪が降って、寒さも厳しくなって、雪が降り積もったまま、寒さも厳しいまま12月は終わろうとしています。「待って」と言いたいぐらいです。 が、そうは行きませんよね。


    12月は、ブログの更新もさっぱりでした。
    ま、それだけ日の経つのが早かったのです。


    12月の4日から一週間ほど旅でした。
    キューバだったのですよ。


    クックハーブ藤原自身の感覚ではキューバは案外近かったのです。
    図書館でキューバに関する本を、結構読んでいたからだと思います。


    緑の革命(有機栽培での食料の自給率の高さ)、古いんですけど(高校生の頃)、カストロさん、ゲバラさんの革命の話しに燃えていた時期もあったのです。
    最近ではカリブ海や大西洋側のリゾート地がセレブに人気があるなんて話もチラチラ聞いていました。


    旅行のチラシが入ってきて、キューバまでの距離なのに旅行費用が安いと思ったわけです。
    「いつ行くの!今でしょう!」となったわけです。


    キューバの歴史はコロンブスさんがキューバに着いた時からの歴史のようでした。
    コロンブスさんから500年ぐらいがキューバの歴史のようです。


    2,3日前にアメリカのオバマさんがキューバとの国交正常化を表明したことがニュースになっていました。
    行った来たばかりのお国でしたから、高い関心があり、キューバのお国にとっても、とても好い事だとと思いました。キューバのお国の人々が、さらに幸せになってほしと願うのです。


    さてさて、12月はやはり今年一年を振り返る月ですよね。

    今年一年だけでなく毎年のことですが、とても早かったです。
    とても早く一年が過ぎていくのです。


    今年の一年はとてもいい一年だったと思っています。
    今年の前半は寧々伯母のことで過ごしました。
    全体に寧々伯母のことがメインになっているかもしれません。

    そのあいだ、あいだに子供の結婚や旅行が入っていました。

    毎日の生活は自給自足を基本に穏やかに過ごしたと思っています。
    そして、今年一年幸せに暮らしたと締めくくります。




    今日も笑顔のクックハーブで〜す。
    みなさまがしあわせでありますように!

    野草研究所 天然野草茶の店クックハーブ
    代表   藤原 美子
    Tel&Fax 019-663-0358
    URL http://cookherb.com/
    Mail info@cookherb.com




     

    いろいろありです。クルミの活用法!

    • 2014.11.29 Saturday
    • 08:26

    家の賑わい
     
    シャコバサボテン


    庭の賑わいから家の賑わいに変わりました。


    花を見るたびに喜びに溢れます。



    葉っぱの緑色も輝いています。










    クルミの殻だって活用します。


    クックハーブ藤原の家の観葉植物の葉っぱはとてもピカピカしています。
    葉っぱの緑が輝いています。


    昨年当たりから、観葉植物の土にクルミを砕いて中の実を取った時にでる残渣を混ぜています。
    今までクルミをつぶした残りの殻や残渣は捨てていました。


    クルミは9月の半ば頃に集中して拾います。
    盛岡から東和の良さんの家までの山間の道や川沿いにはクルミの木がたくさんあります。


    クルミでも山菜でもキノコでも取ったり拾ったりするのはとても楽しいものです。
    なかでもクルミ拾いは喜びです。


    ドントコイも動員して、集中して拾います。


    クルミは鬼ぐるみです。
    固いクルミの殻が緑の塊で覆われています。
    クルミの木になっているときは植物の緑です。
    緑の塊が熟して落ちたものを拾います。

    緑の塊の部分を腐らせます。
    洗います。
    洗う作業もなかなかです。
    一回では済みません。2回3回と洗います。


    中の固い殻だけにします。

    干します。貯蔵します。


    冬の暇な時期に表面の固い殻をつぶし、食べるための実をとりだします。
    クルミを金槌で叩いて割る作業は、ドントコイの仕事になっています。


    ドントコイはクルミをつぶしたことが無かったんですね。
    クルミには中心があり、そこを叩けば真ん中から割れます。
    中心以外をたたけば、クルミは細かく砕け、中の実を取り出しにくくなります。
    クックハーブ藤原はドントコイにクルミの叩き方を伝授しましたよ。


    中の実をとりだすのは、
    私一人の時もあり、ドントコイと二人の時もありの冬の作業です。


    冬のある日、観葉植物の土を見ていて気がついたんです。

    観葉植物は、冬は家の中でなければ生きていけません。
    冬は、じっくりと観察する機会があるということです。


    観葉植物の土は(ランのの種類は特に)水はけがいいようになっています。
    腐葉土より荒いものをまぜています。


    残渣とはいえクルミです。クルミには油分があり、栄養もあります。
    観葉植物の植え替えの土にクルミの残渣を混ぜればいいんじゃないかと思ったわけです。


    春です。
    さっそく実行です。
    鉢の植え替え用の土にクルミの残渣を混ぜました。


    鉢の土の表面には、半分に割った殻を並べておきました。


    その結果は、
    植物は機嫌がいいようです。元気に輝く緑色の葉っぱをしています。

    今のところ、
    結果は出ているように思います。

    生活の醍醐味って、こんな工夫を楽しむことなんですよね。
    誉められもせず、気にもされずの生活なんですがね。



    今日も笑顔のクックハーブで〜す。
    みなさまがしあわせでありますように!

    野草研究所 天然野草茶の店クックハーブ
    代表   藤原 美子
    Tel&Fax 019-663-0358
    URL http://cookherb.com/
    Mail info@cookherb.com


     

    うまいは甘い!

    • 2014.11.15 Saturday
    • 13:33

    庭の賑わい
     
    小菊


    もう今年最後の花に近いですね。


    花もたくさん咲いています。



    小菊には小菊の愛らしさを感じます。



    天気の良い日には数種類の蜂が花に集まっています。




    うまいは甘い!


    数日前には雪が降りました。
    日は日に日短くなり寒くなっています。
    もう冬の季節!

    一年の速さを感じます。
    クックハーブ藤原の大好きなリンゴの季節でもありす。


    果物で買ってまで食べたい果物はスイカとリンゴです。


    夫のドントコイは果物には目がありません
    メロン、イチゴ、サクランボ、スイカ、ブドウ、ミカン類、パイナップルなどの南の果物も大好きです。


    ですが、りんごには関心を示しません。ほとんどわたくし一人で食しています。


    そのりんごなのですが、最近甘いりんごが多いように思います。

    わたくしに言わせれば、世の中が「うまい」を「甘い」と勘違いしています。



    果物に限らず、農産物全てが、うまい、甘いに向かっています。
    味付けをしない前の農産物が、うまい、甘いになっているのですから、
    甘いを要求しないわたくしはどうしたらいいのでしょう。


    クックハーブ農園の野菜類、果物(メロン、スイカ)は甘くないです。
    それでもカボチャは甘いと思っています。カボチャの味付けは塩だけです。


    台風で落ちたリンゴということでたくさんのリンゴを頂きました。
    嬉しかったのですが、そのリンゴも甘かったのです。


    わたくしがいつも注文しているリンゴがあります。
    良さんの家の時からだから、随分前からになります。


    良さんの従姉が栽培しているリンゴです。
    良さんは何年もそのリンゴを食していました。


    ですがある時、タエ子(従姉の名前)のリンゴは美味しくないと言い始めたのです。
    他のリンゴを食べたら、タエ子さんのリンゴの味に物足りなさを感じたようです。


    わたくしは今でもタエ子さんのリンゴが一番です。


    クックハーブ藤原は提案することにします。
    「甘さはほどほどにしませんか」と!





    今日も笑顔のクックハーブで〜す。
    みなさまがしあわせでありますように!

    野草研究所 天然野草茶の店クックハーブ
    代表   藤原 美子
    Tel&Fax 019-663-0358
    URL http://cookherb.com/
    Mail info@cookherb.com
















     

    長さんと!

    • 2014.10.24 Friday
    • 06:15

    庭の賑わい

     
    コキア(ほうき草)


    コキアの緑もステキでした。

    コキアの赤(紅葉)もエクセレントです。


    しっかりしたと赤い色になり、庭の賑わいの一員す。


    ありがとう!コキア





    長さん!

    長さんは良さん、寧々さんの三姉妹の下の妹です。
    寧々さんとは11コ、良さんとは7コ、離れています。


    寧々さんも良さんとも小さいときは一緒に遊んだ記憶はなかったようです。
    寧々さんも良さんも長さんとの記憶があまりないと言っていました。


    成人になってからもそれぞれの生活があり、あまり付き合うことがなかったようです。
    三姉妹が頻繁に付き合うようになったのは、かなり歳をとってから、三姉妹の年齢が上がり
    生活の余裕、時間の余裕ができたからのようです。


    年齢があがれば冠婚葬祭も増えていきます。会う機会も増えていったのでしょう。


    兄弟姉妹というのは離れていても、付き合い始めれば、同じ基盤があるのだから親しく付き合えるのでしょう。


    長さん、ただいま82歳です。
    800坪ぐらいの敷地に畑は500坪ぐらいはあるのでしょうか!
    かなり広いです。ほとんど毎日仕事です。


    遊びに行くということをしません。
    温泉、旅行、誘っても行きません。
    長さんには家が一番のようです。
    仕事もたくさんあるから気になるのでしょうか。
    朝から晩まで本当に良く働いています。


    寧々さんが入院中から、寧々さんが逝ってから、
    長さんとかなり親しく付き合いをしています。
    寧々さんの事、寧々さんの家の事があるからです。


    かなりのことを長さんと相談しながら進めています。
    長さんの家に行くことも頻繁です。


    長さん、
    私が行くと必ず「ご飯を食べてきたか」と聞きます。ありがたいことです。
    お昼前後行く時は、「昼作って待っているから、食べてこなくていいからな」と言ってくれます。


    畑でとれた野菜を使って、何種類もの惣菜を作って待っていてくれます。
    本当にありがたいです。

    梅干しは5,6年になりますか…、長さんの家の梅で漬けた梅干しを頂いています。


    三姉妹はどの方も料理上手です。
    長さんも料理上手です。それを皆に振舞うことがまた好きなのです。


    来週はまた寧々さんの家の片付けをしてきます。かなり片付いてきています。
    長さんとも会う予定です。


    クックハーブ藤原は、旧姓小田、三姉妹とはとても縁があるようです。




    今日も笑顔のクックハーブで〜す。
    みなさまがしあわせでありますように!

    野草研究所 天然野草茶の店クックハーブ
    代表   藤原 美子
    Tel&Fax 019-663-0358
    URL http://cookherb.com/
    Mail info@cookherb.com




















    私磨き

    • 2014.10.06 Monday
    • 09:53
    庭の賑わい
     
    シュウメイギク



    今年もピンクの一重のシュウメイギクだけになっています。



    3種類あったはずなのですが…。




    しっかりとした花です。やさしい色合いの花です。





    自分磨き


    雨です、
    台風が日本列島を速い速度で通過している模様です。


    雨のためでしょう、周囲の様子はとても静かです。
    雨は気持ちを内に内にと向けて行きます。
    こんな日もいい一日です。


    クックハーブのブログは、お茶の製造をして、販売が目的のブログでした。
    「クックハーブのお茶」を多くの人に知ってもらい、『クックハーブのお茶」をたくさんの人に販売することが目的のブログだったのです。

    ところが、最近は、
    クックハーブのお茶の成長は…なのです。。
    お茶の成長ブログというより、クックハーブ藤原店長の店長成長ブログになっています。


    ま、藤原店長、成長ブログでもいいかな〜と思っていますが…。


    子供の成長ブログではありません。65歳からの成長ブログです。
    どうしたってかわい〜い成長ブログにはなれませんよね。
    写真入りなんてありえませ〜ん。


    身体の成長はしっかり止まっています。
    時間の経過と共に朽ちていくだけなのです。


    でも、
    人にだけ与えられている成長があります。
    無限に成長し続けられのは心の成長であり、魂の成長です。
    誰とも競争する必要はありません。それぞれの個の成長です。


    五井先生の影響「大」なのですが、はっきりと自分の心の成長を意識し、
    魂の成長を目標設定にすることにしたのです。


    もちろんクックハーブのお茶の製造販売がその中にあってもいいのです。



    最近の私の興味の中心は、
    日々の生活の中で与えられた出来事をしっかり受け止めて、日々をおおらかに、安寧に、平和に、絶対プラス(ポジティブ)で生活していくことなんです。

    魂の成長はとどまる事ををしらないようです。
    上に上も、さらにその上もその上も無限にあるようです。
    宇宙が無限であるようにです。



    いつの日か、
    「無事を事とし、無味を味わい、無為にして生きる」、という老子の心境に触れたいものです。




    PR

    calendar

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << July 2018 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM